てーたんのグォレンダァ!

カードゲームについてgdgd考察するブログ・・・・・・はずだった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12ターン目

私はHNさんだ、ロボットにより通信回路が破壊された。緊急事態につき私が臨時にターンをとる。


これからブログの復活を祝って、諸君にてーたんのゴォレンダァ!を見せてやろうと思ってね。
カードゲームについてgdgd考察するブログらしいので、更新再開のついでに今回はドミニオンについて考察してみる。
遊戯王については海皇デッキができたら書いてみる。
dominion_basic_components.jpg

仮面舞踏会
2枚ドロー、手札交換、1枚破棄
破棄がある以外、使い勝手が良いカードとは余り言えないのは確か。
ただ、礼拝堂や魔女があるときには比較的強力なカードになりうる。
礼拝堂で圧縮してるプレイヤー → 渡すカード無くてオロオロ。
自分が呪いカードを持っているとき → となりのプレイヤーに回す。他のプレイヤーから呪いが回ってきても破棄できるから多い日も安心。
・・・まぁそれぐらいかなぁ使い道。

金貸し
銅貨を破棄してコイン+3
銅貨を金貨に変える。
同じような効果を持つ男爵とどちらが良いかは考えもの。あちらはコイン+4だから金貨を買いやすいし。
銅貨は初期から7枚あるから発動機会に困ることがないのが強みか。


改築
手札のカードを1枚破棄し、それよりコストが2多いカードを獲得
序盤なら屋敷をコスト4のカードに、中盤ならコスト4のカードを金貨に、終盤なら金貨属州に変えてしまうすごいやつ。
書いてみて思ったが、以外に強力だわこれ。金貨を属州にできるのとか良い。


偵察員
山札から4枚めくって勝利点カードを手札に加える。+1アクション
単純に次の手札をある程度整理できるが、それだけではない。大広間、ハーレム、貴族をめくれば全て手札に加えることができる点が強力。
逆に言うと、それらがなければ買う理由ほぼ無し・・・。

玉座の間
終点が玉座の間とは上出来じゃないか、ここへ来い!
ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ!ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!
次は耳だ!ひざまずけ!命乞いをしろ!!小僧から石を取り戻せ!
小僧!娘の命と引き換えだ!石のありかを言え!
それともその大砲で私と勝負するかね?
3分間待ってやる。


拷問人と組み合わせると鬼のように強いカード。村や鉱山の村のようなアクション増加のカードがあるとドローとあわせてさらに爆発する。
コストが4で、鉄工所とかの入手手段が豊富なのがつえーーー
貴族コピーで+3ドロー+2アクションか6枚ドローも選べる。研究所のようなドローとアクション増加を兼ねたカードでも強い強い。


公爵
自分が所有する公領1つにつき、勝利点+1になる。つまり効果は「公領に勝利点+1を加える」に等しい。
公領と全く同じコストなので考察しやすいカードだった。
↓の表が公領+公爵の組み合わせ
腐ってやがる・・・早すぎたんだ。
横が公領数、縦が公爵数。赤字がその最も効率的な組み合わせである(青字は同じ)。
例えば公領を7個、公爵を0個買った場合は21点だが、公領を5個、公爵を2個買った場合は25点で、4点お得しているわけですよ奥さん。
公領を4つ買ったあとは、公爵、公領、公爵、公領・・・と買えば、属州なんかに負けたりしない・・・!のか?




まぁ個人的に気になったカードまとめてみたわけだけど、基本的にはドミニオンオンラインを使ってるから、「基本」と「陰謀」のカードしか知らないのが悔しいなぁ。ググるといろんなカード出てくるし、本物買うしかないねこりゃ。
しかもオンラインのって通信状態悪いとき勝手に「このデュエル預ける!」(エラー)しちゃうんだもん



時間だ、答えを聞バルス!
あ~がぁ~!
あ~目がぁ~目がぁあああああああああああたぁああああんえんど!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://iyaiyanagarayatteiru.blog.fc2.com/tb.php/14-df646492
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。